おすすめパーツ構成

ゲーミングPCの選び方、初心者が後悔しないためのポイント

期待していた新作ゲームが出たから買ったんですけど、動きがもっさりしていて快適に楽しめないんですよ…
akira
akira
tatsuo
tatsuo
PC版は家庭用ゲーム機と違って、パソコンの性能次第で大きく変わるからね。
それでゲーム用パソコンが欲しいんですけど、選び方のポイントはありますか?
akira
akira
tatsuo
tatsuo
ゲーミングPCを自作するかBTOショップで注文するかの違いもあるし、パーツも色々とあるよ。
そういったことを詳しく教えてください。
akira
akira

後悔しないゲーミングPC選び5つのポイント

eスポーツも話題ですし、高性能なゲーミングPCはパソコンオタクだけのものではなくなりましたね。
そこでゲーム用パソコンを購入する際の選び方で、初心者が後悔しないためのポイントを解説します。
快適にゲームを楽しみたくても、予算の使い方を間違えると後悔することになるから注意してください。

ノートPCかデスクトップPCかを決める

ゲーム用パソコンと言えばデスクトップPCが一般的になりますが、ノートパソコンにもゲーミングパソコンがあるのがポイント。
あなたの部屋の状況や遊びたいゲームによっては、わざわざ大きなデスクトップPCを購入しなくても済みます。
最高性能を求めるならデスクトップになりますが、ノートパソコンの方が普段使いには便利なもの。
その為、あなたの遊びたいゲームが快適に動くなら、ノートパソコンという選択肢もあります。

ただし、ゲーミングノートパソコンは種類が少なく選択肢が限られていてコスパも悪い傾向が。
だからコスパの良いゲーミングPCを求めるならデスクトップがおすすめです。
それにノートパソコンだと後々パーツを交換して性能アップをしたくても、殆ど対応できないので注意。
デスクトップにも大きさに違いがあり、フルタワーと呼ばれる大きなものからミニタワーやスリムなど小型のものもあります。

ちなみにゲーミングノートパソコンの取り扱いがあるBTOショップは、
ドスパラ
マウスコンピューター
パソコン工房
FRONTIER(フロンティア)
パソコンSHOPアーク(ark)
レノボ
DELL
などがあります。

tatsuo
tatsuo
ゲーミングPCにはデスクトップがおすすめだけど、置く場所がないならノートパソコンという方法もあるんだ。

グラフィックボードが重要!あれば良いとは限らない

ゲーム用パソコンにはグラフィックボード(グラボ、ビデオカード)が搭載されているもの。
でもグラフィックボードが搭載されていれば良いとは限らないから注意が必要です。
安いグラフィックボードだと採用しているGPUの性能が低いため、あなたが目的にしているゲームが快適に遊べない可能性が。

各BTOショップでは選べるグラフィックボード(GPU)のベンチマーク結果を公表している場合が多いので安心してください。

数値を比較するだけで簡単に性能が判断できるため、詳しくなくてもどのGPUが高性能なのかがすぐに分かります。
ただし高性能を求めればそれだけ値段も高くなるので、予算と性能のバランスで決めるのがおすすめです。
グラフィックボードは初心者でも後から簡単に交換できるパーツですし、GPUは性能アップの頻度も高いので交換する前提で選ぶのもあり。

グラフィックボードのメーカーはいくつもありますが、GPUはNVIDIA社のGeForceシリーズと、AMD社のRadeonシリーズの2種類から選ぶことになります。
ただ、特別なこだわりがないならNVIDIA社のGeForceシリーズがおすすめ。

AMDのRadeonは家庭用ゲーム機での採用は多くコスパは悪くないものの、ゲーム用パソコンでは性能面から人気がありません。
更に人気ゲームへの最適化や安定性などの点からも、信頼性の高いGeForceシリーズを選べば失敗しなくて済みます。

tatsuo
tatsuo
性能面はもちろん、コスパ面でもGeForceの人気が高いんだよ。

CPUを選ぶならインテルかAMD

パソコンの頭脳と言われているCPUは、ゲーミングPCの選び方でも性能を左右するポイントになります。
ただし、CPUのメーカーが基本的にインテルとAMDの2社なので、メーカーの好みと求める性能で選ぶだけです。
以前は安定性や信頼性、性能面でも優れていたインテルの人気が高かったものの、コスパなどの点から最近はAMDも人気です。
PS4に搭載されているCPUはAMD製ですし、PS5についてもAMD製CPUの採用が決まっています。
だから仕事で使うならインテルという選択肢もありますが、性能とコスパが大事なゲーミングPCならAMDもおすすめです。

CPUメーカーは少ないものの、種類についてはたくさんあるから自作するときは性能をしっかりと比較して選ぶこと。
同じメーカー内でもシリーズによって性能には大きな差があります。
動作クロックや物理コア数、同時スレッド数など色々な比較ポイントがあるものの、高性能なCPUを選んでおけば問題ありません。
BTOならゲーム用パソコンとして優秀なCPUが簡単に選べるから、どれが良いか分からないとしても安心です。
ちなみに高性能でコスパも良いとゲーミングPCに人気なのはAMDならRyzenシリーズ、インテルを選ぶならCore iシリーズになります。

tatsuo
tatsuo
仕事で使うならインテルのCPUの方が安心だけど、コスパを考えればAMDのRyzenシリーズがおすすめだね。

ストレージはSSDを基本に考えて予算があるならM.2

パソコンのストレージ(補助記憶装置)としては、数年前ならHDDが主流でしたが最近はSSDが一般的になりました。
更に最高性能を求める場合には、M.2という選択肢もあります。
安くて大容量を希望するなら今でもHDDになりますが、ゲーミングPCならM.2がおすすめ。
PS4ではSSDを使うことで、モンスターハンター:ワールドの読み込み時間が短くなると話題になりましたね。
でもゲーミングPCならそのSSDよりも更に6~7倍も速くなるM.2が使えるのがポイント。
PC版のMHWならPS4 Proよりも高精細、高フレームレートで、読み込み時間も短いと良いことずくめで楽しめます。

HDDやSSDはどちらも同じSATA端子に接続することになりますが、M.2は専用端子への接続になるのがポイント。
そしてM.2の専用にはSATA接続とNVMe接続の2種類があり、どうせならNVMe接続を選ぶのがおすすめです。

NVMe接続ならSATAよりも高速にデータの読み込みや書き込みが出来るので、ロード時間の短い快適なゲーム環境が手に入ります。
ただしNVMeは他と比較すると値段が高いから、安く済ませたい場合もHDDではなくSSDにすること。
HDDはSSDと比較して値段は安くて大容量ですが、速度が遅くて快適さがありません。
だからSSDとの併用やデータのバックアップ用に使うのは良くても、単体でメインに使うのは後悔するから止めておくこと。

メインストレージを交換する際に、Windowsやアプリを再ダウンロードしたりインストールすると手間がかかります。
手間を省くためのクローンソフトなどの専用アプリもありますが、上手くいかない可能性があるのが問題。
だから長く使い続けられるように、最初に良いものを選んでおくのがおすすめです。

tatsuo
tatsuo
容量当たりの値段はHDDが一番安くなるけど、快適なゲーム環境にはNVMe接続のM.2がおすすめだよ。
SSDなら1TBも安くなってきているから、HDDを選ぶ必要は無いんですね。
akira
akira

電源ユニット選びが一番大事!動作不安定の原因にもなりやすい

ゲーミングPCの購入するときの選び方で一番大事なパーツが電源ユニットです。
自作PCの場合は購入したケースに付属している場合もあり、あまり気にかけない人もいますね。
だけど電源ユニット次第では、パソコンが不安定になる原因にもなるから要注意。

電源ユニットを選ぶ際のポイント

電源ユニットは電力変換効率や最大容量などを比較しながら選ぶことになります。
電力変換効率は80PLUSという規格があり、
・スタンダード
・ブロンズ
・シルバー
・ゴールド
などと変換効率の目安が分かりやすく表示されているので、簡単に比較出来ます。
おすすめはゴールドやプラチナ、チタン電源など出来るだけ高効率の商品を選ぶこと。

容量は500Wや700Wなどと表示されていますが、大容量が必ず良いとは限らないから注意。
なぜなら変換効率との兼ね合いもあり、容量が多くても使用量が少ないと変換効率が悪くなるから。
ただし、変換効率が悪いだけなので、容量が足りなくてパソコンが起動しない、動作が不安定になることはないので迷ったら大容量を選ぶのがおすすめです。

電源ユニットだけは予算をケチらない方がいい

予算の兼ね合いもあるから、性能に直結しない電源ユニットは安いものにしたくなりますね。
だけどゲーミングPCで一番ケチらない方が良いのが電源ユニットなんです。
電源容量が不足すると不安定になるどころか、起動しない可能性も出てきます。
だから良く分からないなら、自作するのでは無くBTOショップで注文するのがおすすめです。

BTOならカスタマイズしてもしっかりと動く電源ユニットが用意されているから、容量が足りるか悩まずに済むので便利。
例えばドスパラのガレリアというゲーミングPCは、標準だと650Wの80PLUS BRONZEなどが搭載されています。
これをカスタマイズで800Wの80PLUS TITANIUMなどに変更するのがおすすめ。
FRONTIER(フロンティア)のGBシリーズは基本構成が850W 80PLUS GOLDと充実しています。

電源ユニットは規格や性能が大きく変わらないため、数年は使い続けることを考えて予算はケチらないこと。
しかも消費電力が多くなると、それだけ変換効率の差で電気代にも違いが出ることになります。
だから長期的なコスパや安心感を考えれば、最初から出来るだけ良い電源を選ぶと後悔しなくて済みます。

tatsuo
tatsuo
安定してゲームを楽しむためにも、実はゲーミングPCの選び方で一番大切なポイントが電源ユニットなんだよ。
どれが良いか分からなくても、BTOなら迷わずに済むから安心ですね。
akira
akira

まとめ:ゲーミングPCで予算を考える優先順位

ゲーミングPCに最高性能を求めると、どうしても数十万円の予算が必要になります。
使える予算が限られていると、その中でどのパーツにお金をかけると後悔しないのかが問題ですね。
完全自作PCだと全てのパーツで相性問題なども考える必要があり、お金をかければ良いとはならないから悩むことに。
だからあなたが初心者なら、BTOショップでカスタマイズすると安心です。
予算配分の優先順位としては、
1.電源ユニット
2.ストレージ
3.グラフィックボード
4.CPU
の順で考えるのがおすすめ。

電気で動く以上、電源ユニットはパソコンにとってとにかく重要なパーツなので最優先でお金をかけるべき。
そしてストレージはパソコンの起動やゲームの起動、データの読み込みなど快適性に大きく影響するパーツです。
後で高速・大容量のパーツに交換するのは面倒なので、最初から交換しなくて済むものを。
グラフィックボードとCPUはどちらも同じように大切ですが、リーズナブルなCPUでも十分に高性能になっています。
そしてゲーム用途ではCPU以外がボトルネックになることが多いので、CPUよりもグラフィックボードを優先するのがおすすめです。

他にもゲーミングPCの構成パーツにはメインメモリーや光学ドライブ(DVDやBlu-rayドライブ)などもあります。
でも他のパーツに関してはBTOショップのゲーミングPCならベースモデルのままでも問題なく使えることが多いので安心してください。

PCゲームはスマホやタブレットのようにダウンロード販売が主流なので、光学ドライブは無くても問題ありません。
その為、限られた予算内でカスタマイズを考えるなら、上記の順で考えるのがおすすめです。
目的別おすすめのパーツ構成については以下のページにて詳しく説明しています。
5つの利用目的別!自作パソコンのおすすめパーツ構成と価格

tatsuo
tatsuo
完全自作だと全てのパーツで相性なども調べなければならないから、手軽なBTOがおすすめだよ。

液晶ディスプレイやマウスなど周辺機器の選び方

液晶ディスプレイが勝敗に大きく関係することも

家庭用のゲーム機なら液晶テレビに繋いでゲームをプレイしますね。
だけどゲーミングPCの場合は、高精細な4Kディスプレイや高リフレッシュレートの液晶ディスプレイを使うことが可能です。
特にあなたがFPSで対戦することを考えている場合には、液晶ディスプレイ選びも大事なポイント
応答速度と共に高リフレッシュレートのゲーミングモニターかどうかで、勝敗を分ける可能性が出てきます。

FPSはパソコンの性能次第でフレームレートが変わるゲームが多く、安定して高フレームレートが出せる高性能パソコンを求めてゲーミングPCの購入を考えていることも。
それなのにリフレッシュレートが一般的な60Hzの液晶ディスプレイを使っていたのでは意味がありません。
240Hzや144Hzなどに対応したゲーミングモニターを使うからこそ、動きの違いが判断できて高性能が活きてくることに。

だからFPSで少しでも勝率を上げたいなら、高リフレッシュレートに対応したゲーミングモニターを選ぶことが大切です。
ちなみにドスパラのゲーミングノートパソコンは、液晶ディスプレイが144Hz対応になっています。

tatsuo
tatsuo
各社から240Hzや144Hz対応のゲーミング液晶が販売されているし、BTOならお得なセットで注文できることもあるんだ。

ゲームによってはゲーミングマウスやキーボードが必須

ゲーム用パソコンを購入する場合には、同時にマウスやキーボードなども購入することになりますね。
BTOだと基本セットに付いてくるのは、おまけ程度の安いキーボードやマウスがだけです。
でもカスタマイズでゲーミングマウスやゲーミングキーボードも選べるので、一緒に揃えた方が良いか迷うもの。
結論から言うとあなたが遊びたいゲーム次第になります。

もしあなたがFPSやRTSなどを目的にしているなら、マウスやキーボードはゲーミング用がおすすめ。

特にキーボードについては複数のキーを同時に押す必要が出てくることがあります。
その際に全キー同時入力(Nキーロールオーバー)に対応していない普通のキーボードだと、押しても反応しなくて負けることが。
マウスも重さ調節やサイドボタンなどの違いがあるので、快適な操作のためにもゲーミング用がおすすめです。

でもあなたの目的が対戦格闘ゲームなら、マウスやキーボードはおまけ程度でも十分です。
その代わりアケコン(アーケードコントローラー、アーケードスティック)と呼ばれるコントローラーを用意すること。
アケコンはゲームセンターと同様の操作性になり、必殺技などの入力もしやすくなります。
テレビゲームのコントローラーに慣れているなら、アケコンを使わずにPS4やXbox用のコントローラーを使うことも可能です。
でもeスポーツなどで活躍している選手はアケコンを使っているので、本気で勝ちたいならアケコンを用意するのがおすすめです。

キーボードの同時入力数に違いがあるなんて知りませんでした。
akira
akira
tatsuo
tatsuo
自分がやりたいゲームに合わせたコントローラーを用意すれば良いんだよ。

自作しなくてもBTOでゲーミングPCは簡単に手に入る

高性能なゲーム用パソコンが欲しいものの、あなたが初心者だと色々なパーツを自分で選ぶのが大変、難しそうと感じるかも。
それならBTOショップを使えば、簡単に高性能なゲーミングPCを手に入れることが出来ます。

完全自作してもゲーミングPCは格安にはならない

全てのパーツを個別に購入して組み立てる完全自作なら、高性能でも格安で作れると思っているかも。
だけどBTOのゲーミングPCと比較しても、コスパにそれほど違いはありません。
なぜなら個別にパーツを購入すると、それぞれのパーツ毎に利益が上乗せされているからあまりお得感がないのがポイント。
更に新製品だとご祝儀相場があるため、個別にパーツを買うと割高になるケースもあるのが自作PCです。

少し前のマザーボードに出たばかりのCPUの組み合わせだと、対応しているはずが認識しなくて起動できないという失敗もあります。
口コミにはBIOSアップデートのために安いCPUを追加で買った、という失敗談もあり格安どころか高くつくことも。
知り合いに古いCPUを借りるなど、あなたが自分でBIOSアップデートが出来る自信が無いならBTOが安心です。
完全自作だと初期不良や相性問題で動かないなど、トラブルの原因が分かりにくく対応が難しいのも問題。
BTOはショップ毎に選べるパーツやカスタマイズ範囲などに違いがあるものの、大抵の人気パーツは選べますし動作検証も終わっているからおすすめです。

BTOならゲーム推奨PCなどが簡単に手に入る

一部のBTOショップでは、ゲームソフトとのタイアップで推奨PCを販売していることもあります。
こういった推奨PCを選べば、難しいことを考えなくても遊びたかったゲームが快適に遊べるので便利です。
例えばパソコン工房にはPUBG JAPAN SERIES season4 推奨ゲーミングPCがあります。

他にもファイナルファンタジーXIVやドラゴンクエストXなどの推奨認定を得たパソコンが簡単に購入可能。

他にもドスパラのGALLERIAは、一般社団法人 日本eスポーツ連合から「JeSU公認PC」として認定されているのがポイント。
eスポーツ大会で使用される「GALLERIA GAMEMASTER」が購入できるのは嬉しいですね。

更にFortniteやPUBG、League of Legendsなどの人気ゲームの動作確認を独自にしているのも安心感があります。

tatsuo
tatsuo
BTOならeスポーツ大会で使用するゲーミングPCも購入できるんだ。

完全自作はトラブルの解決が難しい

最近は少なくなったものの、自作PCだとパーツ毎の相性問題にも注意が必要です。
アップデートが必要な問題は、パーツメーカーの公式サイトで分かることもあります。
だけど認識しないような大きな問題が少なくなっただけで、メモリー速度が出る出ないなどの相性は今でもあるから油断できません。
自作PCはトラブルが起こった際に、初心者どころか慣れた人でもどのパーツが原因なのか判断しにくいのも問題。
原因が判断できないと、パーツメーカーに問い合わせるのも難しくなります。
完全自作だとトラブルの解決が難しく、手間も時間もかかるからコスパは悪くなる一方です。

だから相性問題を気にせずに済むBTOは安心ですし、自分で組み立てる手間もかからないから便利。
それでいて後からグラフィックボードを変更したり、メモリの増設などのカスタマイズがしやすいのもポイント。
あなたが高性能なゲーミングPCが手軽に欲しいなら、BTOがコスパが良いのでおすすめです。

tatsuo
tatsuo
推奨スペックを満たしていればゲームは遊べるけれど、BTOの方が手間がかからないからコスパが良いんだよ。
トラブルが起こったらBTOショップに問い合わせれば済みますからね。
akira
akira

失敗しないBTOショップ選びのポイント

ゲーム用パソコンにお金をいくらでもかけられるなら、BTOショップで一番高性能なパーツ構成を選べば済みます。
でもコスパを重視するならBTOショップ選びも大切です。
そこでどういったポイントでBTOショップを選べば良いのか解説します。
予算別のおすすめ構成については以下のページにて詳しく説明しています。
6つの予算別にゲーミングPCのパーツ構成を12例紹介

ゲーミングノートパソコンがあるかどうか

上記ゲーミングPCの選び方でも解説しましたが、デスクトップPCを置く場所がないならゲーミングノートパソコンの取り扱いがあるかどうかをチェックすること。
BTOショップによってはノートパソコンの取り扱いが無かったり、あってもビジネスや一般的な機種しかない場合も。
ゲーミングノートパソコンの特徴は搭載するGPUが選べることで、GPU統合型CPU搭載のノートパソコンとは段違いのレベルになります。
だから普通のノートパソコンとは違うので、ゲーム用の取り扱いをチェックすること。

納期までの日数をチェックすること

BTOは家電量販店で購入するPCとは違い、注文してすぐに手に入るとは限りません。
あなたがカスタマイズした内容に合わせて組み立てるので、納期まで1週間程度かそれ以上かかることも。

だけど即日対応のベースモデルをたくさん用意しているBTOショップなら、納期を何日も待たなくてもすぐにゲームが楽しめるから便利です。
納期までの日数はショップによって変わりますし、選んだパーツによっても変わるのでチェックが必要です。

tatsuo
tatsuo
安いと思っても納期が3週間後だったりすると後悔することになるからな。
少しでも早く手に入れたいですから、必ず確認します。
akira
akira

カスタマイズで希望パーツが選べるかチェック

BTOショップを利用するなら、あなたが希望しているパーツが選べるかチェックするのは当然ですね。
ただし、パーツによっては選べても納期が延びたりするから注意。
人気や在庫との兼ね合いもあるので、希望のパーツが選べるのはもちろん納期もチェックすること。

細かくカスタマイズ出来るBTOショップは一見良さそうに思えますね。
でも項目や選択肢が多くなるから、初心者だと迷うばかりで決められないことも。
だからメジャーなパーツが簡単に選べるパソコン工房なども、カスタマイズのポイントは抑えているので初心者にはおすすめです。

tatsuo
tatsuo
とにかくパーツにこだわるならVSPECなどが良いけど、分かりやすさならドスパラやパソコン工房がおすすめだね。

キャンペーンの内容を比較してお得か考える

BTOショップの中には、様々なキャンペーンを行っているお店もあります。
例えば追加料金なしでメモリやHDDを大容量に変更できるなど、色々とあるからチェックすること。

ゲーマー向けだとマウスコンピューター/G-TuneのNEXTGEARを購入すると、期間限定でゲームソフトがバンドルされるというものもあります。
キャンペーンやセールはタイミングもありますが、欲しかった性能のゲーミングPCがお得に購入できるから必ずチェックすること。

まとめ:ゲーミングPCはBTOショップを使うと選び方が簡単

ゲーム用パソコンには高性能が求められるものの、格安に済ませようと自作PCを考えると後悔することも。
パーツの選び方によっては動かない可能性もありますし、結果的に格安どころか高くなることもあるから注意。
だからBTOショップを使って、手軽に高性能なゲーミングPCを手に入れるのがおすすめです。

パソコン工房やマウスコンピューター(G-Tune)のように、人気ゲームからおすすめの推奨パソコンが簡単に選べるBTOショップもあります。
トラブルに悩まされる時間などを考えれば、BTOショップの利用がコスパが良いゲーミングPCの選び方です。
高性能パソコンが簡単に用意できれば、ゲームに熱中する時間を増やすことが出来ます。

tatsuo
tatsuo
ゲーミングPCは快適、高精細でゲームを楽しむのが目的だから、パソコンそのものは手軽にBTOを利用するのがおすすめだよ。
ゲーム用パソコンで悩むより、ゲームを楽しんだり上達に時間が使えるからコスパが良いんですね。
akira
akira